引っ越し前に知っておきたい荷物のベストな保管場所とは?

出典:photo AC

新生活のシーズンが近づき、引っ越しを考えている人も多いのでは?引っ越しの時に困るのが、荷物の保管場所ですよね。今回は、引越し業者の一時預かりサービスから、最新のトランクルームまでをご紹介するので、ぜひ、自分に合った収納場所を見つけてください!

引越し荷物の保管場所は大きく3種類

引越し後の保管期間の長さと、預ける荷物の大きさから、引越荷物の保管場所は大きく3つに分類することができます。それぞれに、メリット・デメリットがあるので、それぞれを比べて見てみましょう!

1. 引越し業者の一時預かりサービス

出典:photo AC

引っ越しをする際に、引越し業者に荷物を一時的に預かってもらうサービスで、一時的に荷物の保管場所がなくなってしまう際にはおすすめです♪例えば、新居への入居前や建替え・リフォームのシーンでは、手狭な仮住まいに一時的に住むことになるので、収納スペースとして利用するのも良いでしょう。

相場

最小で15,000円〜25,000円/月

数日程度の超短期間の場合は、無料になる場合もあります。ただし、一時お預かりの保管料は無料でも、その分、引越し料金に上乗せされている場合があるため、トータルの費用で比較する必要があります。

メリット

引っ越しの延長線上で、荷物を運んでもらうことができ、いちいち依頼をする必要がないので、手配する手間が少なくなるのが最大のメリット。また、1ヶ月のみの保管の場合は、業者によっては無料で預かってもらえる場合もあるので、引っ越し業者に事前に聞いておくようにしましょう!

デメリット

注意点としては、多くの引越し業者がサービスを提供しているものの、実際の料金については、ほとんどのサービスが要見積もりとなっており、詳しい料金が明示されていないこと。ただでさえ、大変な引越し業者の見積もり作業に加えて、一時預かりの料金も合わせて考えるのはとてもむずかしいので、料金にはある程度折り合いを付ける必要があります。

また、保管環境や保管条件についても不明瞭な場合が多いので、申し込む前に、預けたい荷物が痛まないかどうか、預かり期間の延長ができるのか、一時的な引取りはできるのかなどなど、事前のヒアリングが必須です。一時預かりサービスを利用する前提で引っ越し業者を決めるとなると、検討項目が増えすぎてしまって、結局どの業者が良いのか分からなくなってしまうので、ヒアリングの前に決める際のポイントを1つ2つに絞っておくことをおすすめします。

2. 屋内・屋外のトランクルーム

出典:photo AC

屋外コンテナタイプ、屋内の個室タイプなど、一般的にイメージされるトランクルーム。引越し業者の一時預かりサービスは、あくまで一時的なものとなので、大きな荷物を長期的に預けたいのであれば、屋内・屋外のトランクルームに預けることになります。

相場

都内の場合は、1畳 8,000円〜20,000円/月ほど。

敷金・礼金・手数料がかからないものがほとんどなので、料金も大きく高くなることはありません。

メリット

ほとんどのトランクルームは、保管環境がしっかり整備されています。特に屋内トランクルームであれば、空調が24時間効いており、預けるものの劣化を最小限に抑えられるので、衣類やベッドのカビ、本の日焼けなどの心配も必要ありません!

手続きなどなく荷物の出し入れができる場所がほとんどなので、、出し入れが頻繁な荷物を預けておくのにも便利です。

デメリット

引越し業者の一時預かりサービスと比べると、トランクルームに預けるための手配が必要なため、手間が多くなってしまいます。また、自力でトランクルームに荷物を運ぶため、近隣に駐車場がないと不便という点、大きい荷物の持ち運びには、台車やレンタカーを用意しなければいけないという点は事前に注意しておきましょう。

3. 宅配型トランクルーム

出典:photo AC

一般のトランクルームと宅配型トランクルームの違いは、荷物の出し入れに宅配を使うかどうかです。一般のトランクルームは当然自分で荷物を持ち運ばないといけない一方、宅配型トランクルームは、荷物を宅配便で送るだけ!引越し作業をしていても、ほとんど手間になりません。

相場

ボックスで預かり、1箱あたり250円〜1000円/月

メリット

ダンボール1つの小単位から預けることができるので、コストを最小限に抑えることができます。また、スマホから宅配便の集荷依頼を手配するだけで荷物を出し入れできるので、気軽に預けている荷物を使用可能。

デメリット

宅配便で送る兼ね合いにより、配送用のボックスのサイズが小さいことです。宅配便に利用するための上限は3辺の合計が160cm以内のものに限られてしまいます。また、配送作業があるため、取り出しは最短翌日まで待たなければいけません。緊急的に利用しなければいけない荷物には向きません。

キャンプ用品を保管するならhinata trunk!

hinata trunk!とは、アウトドアに特化した宅配型トランクルーム。預けている荷物は、キャンプに行く時に、倉庫からキャンプ場へ直接配送が可能です。返却もキャンプ場スタッフにボックスを渡しておくだけでOK♪車への荷積み・荷降ろしがなくなったり、利用後のテントのメンテナンスまで任せることができるので、キャンプの手間がまるっとなくなります。

また、キャンプ用品以外であっても、980円から荷物を預けることができるので、トランクルームよりもコストを抑えて利用可能。また、デリケートなテントを預けるにも安心なほど優れた保管環境になっているので、洋服なども安心して預けることができます!

まとめ

いかがでしたか?引っ越しのタイミングで荷物に対しても見直しをすると思いますが、見直しをした上でも捨てられないほど大切な荷物は、しっかりした保管環境のトランクルームに預けたいものです。自分に合ったトランクルームを見つけて、引っ越し後も快適な新生活を送ってくださいね!


おすすめ

コラム 利用前に知っておきたいテントクリーニングの基礎知識
コラム お茶×グランピング!?「茶ンピング」イベント『二子玉川水辺茶会』がついに開催
コラム 華麗にキャンプデビュー! hinata trunk!で安心・快適に初めてのキャンプを楽しもう♪
コラム バイクもキャンプ用品もなくてOK!手ぶらでキャンプツーリングを楽しもう♪

新着

コラム 初めてのキャンプこそ、オシャレにかつ個性的に!デザイン性に優れるホールアースのキャンプ用品一覧
コラム 保管・配送サービス 使い方ガイド
コラム 秋を堪能!ツーリング&キャンプに気軽にいける方法とおすすめスポットをご紹介
コラム お茶×グランピング!?「茶ンピング」イベント『二子玉川水辺茶会』がついに開催