【hinata trunk!のウラ側】キャンプ場への取り出し・倉庫への返送編

利用者の方から、hinata trunk!の取り出しがあまりにスムーズで、逆に本当に取り出しできているのか不安だったというお声をいただきました。今回は、そんな不安も取り除くべく、取り出し依頼があったときに、倉庫側でどんな対応をしているのか、ご紹介したいと思います!

流れその0. 取り出し依頼

まずは、スマホかPCより、マイページ上で取り出し依頼をしてください。取り出したいアイテムを選択し、hinata trunk!対応キャンプ場をはじめとした配送先を選択!取り出し依頼はたったこれだけ!

流れその1. アイテムのピックアップ

依頼のあったアイテムのみ、保管用のボックスから配送用のボックスに移していきます。この際、配送用のボックスは、毎回無料で新品を使用しています!ボックス自体、二重ダンボールかつ、撥水加工を施しているので、多少の雨キャンプであればご安心を!!

流れその2. ガムテープなどを同梱

キャンプ場から返送する際に使用する、ガムテープや返送用伝票などを同梱しているので、利用者で用意は不要。乾燥サービス申し込み用に、ビニール袋も同梱しているので、乾燥サービスを申し込まないときはゴミ袋として使用していただいても構いません。

流れその3. 梱包材入れ

配送の際に、大事なアイテムが壊れてしまわないよう、梱包材を敷き詰めて余分なスペースを埋めていきます。

流れその4. 倉庫からキャンプ場へ発送

一通りの倉庫での作業が終わったら、取り出し依頼のあった場所へボックスを配送します。

流れその5. キャンプ場で受取り

hinata trunk!で荷物を送ってしまえば、チェックインのときに荷物を受取るだけなので、車への荷積み荷降ろしがなくなります!

ちなみに、hinata trunk!では、ガラス製のランタンなどの壊れやすいもの、ガスやガソリンなどの燃料、食料品、液体物などはお預かりが難しいため、これらは利用者本人で持ち込んでいたただく必要があります。その際は、1つの木箱などにまとめておくとGOOD◎

流れその6. キャンプ用品を利用

キャンプ用品を受け取ったら、あとは思いっきりキャンプを楽しんでください♪hinata trunk!がみなさんのキャンプシーンをより充実させてくれるのが実感できるはず!!

流れその7. キャンプ場から返送

使い終わったら、受け取ったときのボックスに元通り収納。同梱してあるガムテープでボックスに封をして、返送用伝票を貼り付けたら、返送の準備完了!チェックアウトの際にキャンプ場のスタッフに渡せば荷物は倉庫に返送されるので、そのまま身軽にご帰宅できます。

もし、乾燥サービス希望のアイテムがあるときは、登録しているアイテムごとに分けて、それぞれのアイテム一式をまるごと備え付けのビニール袋に入れます。申込用紙に記入してボックスに入れておけば申し込みOKです!

また、返送時に、追加でアイテムを入れていただいても構いません。この際、2箱以上お預けの利用者は何度でも無料、1箱のみお預けの利用者は500円/回の追加登録料をいただいているのでご注意を。

流れその8. 倉庫で預かりチェック

後日倉庫に荷物が届いたら、取り出したアイテムがしっかり返送されているか、乾燥サービスの申し込みがないか、追加での預け入れがないかなどを確認し、再度保管用のボックスに入れて、倉庫で大切に保管します。

まとめ

いかがでしたか?実際に取り出しの際には、取り出し・返送の流れを把握しておくだけでも安心できますよね。ぜひ、安心してhinata trunk!を使ってくださいね!


おすすめ

コラム 利用前に知っておきたいテントクリーニングの基礎知識
コラム お茶×グランピング!?「茶ンピング」イベント『二子玉川水辺茶会』がついに開催
コラム 華麗にキャンプデビュー! hinata trunk!で安心・快適に初めてのキャンプを楽しもう♪
コラム バイクもキャンプ用品もなくてOK!手ぶらでキャンプツーリングを楽しもう♪

新着

コラム 初めてのキャンプこそ、オシャレにかつ個性的に!デザイン性に優れるホールアースのキャンプ用品一覧
コラム 保管・配送サービス 使い方ガイド
コラム 初めてテント・タープ・寝袋のメンテナンスサービスを利用する方へ
コラム 秋を堪能!ツーリング&キャンプに気軽にいける方法とおすすめスポットをご紹介