【インタビュー#1】 ついつい積載しすぎてしまうキャンプツーリングを、安心して楽しむために。

利用者のリアルな声をお届けするユーザーインタビュー企画!第1弾に取材させていただいたのは、去年からキャンプツーリングを楽しまれているという植木さん。バイクを購入したことをきっかけに30年ぶりに始めたキャンプツーリングでは、hinata trunk!をどのようにお使いなのでしょうか?お話を伺うために、植木さんがキャンプを楽しまれている千葉県のコーラル*館山オートキャンプ場を訪ねました。

キャンプを始めたのは去年の夏

ーキャンプを始めるきっかけはなんだったんですか?

去年の夏にバイクを購入したことがきっかけなんです。若い時からバイクが好きで、キャンプツーリングしていました。ただ、20代のときに一度バイクを手放してからは、その後30年間なかなかバイクに乗る機会がなくって。去年の夏に、一念発起して新しいバイクを購入したことをきっかけに、再びキャンプツーリングを楽しむようになりました!

ー去年からということですが、キャンプツーリングはどのくらいの頻度で?

結構な頻度で楽しんでいますよ!冬季でも、毎月キャンプに行っています。思い出深いのは、静岡県のキャンプ場、ふもとっぱらに行ったときです。

キャンプ場にチェックインした後、コンビニに買い出しに出かけた際に、油断していたらバイクにまたがったまま立ち転けしてしまったんです。その時は運悪く、そのままエンジンが点かなくなってしまい。。。JAFを呼んでバイクを引き取ってもらい、キャンプもままならないまま電車で帰る羽目に。

その日唯一救いだったのは、キャンプ場の方に事情を説明した際に、一度払ったサイト料を戻して「また今度リベンジしに来てください」と優しい声をかけてくださったことでした。

そんな因縁がありましたが、先日ついにふもとっぱらにリベンジすることができました。今度はしっかりキャンプを満喫させていただいたので、あの時バイクが走らなくなったのも今では良い思い出です。笑

hinata trunk!を利用したのは、身の安全を守るため!?

ーそれは大変でしたね。ただでさえバイクが重たいのに、バイクに加えてキャンプ用品の重みもあるとなると、油断するとすぐ倒れてしまいそうです。。。

そうなんです!特に大変なのが、風なんですよ。座席の後ろに載せるキャンプ用品が、以前はバイクにまたがったときの後頭部にまで達していて、風の影響をもろに受けちゃうんです。

そんな状態で、先日、千葉のキャンプ場へ行くためにアクアラインを通ったんです。海の真上ということもあり、アクアラインは特に横風がすごくって。車の中からだと絶景のはずの一面の海ですが、その日は、バイクごと海に投げ飛ばされるんじゃないかと生きた心地がしなくてヒヤヒヤしました。笑

それからは、50歳を過ぎていよいよ体力にも自信がなくなってきたこともあり、安全にキャンプツーリングを楽しむ方法を考えないといけないな、と考え始めていたんです。そんな時にたまたま見つけたのが、hinata trunk!でした!

ビフォー・アフター写真(左がhinata trunk!利用前、右が利用後)

ーたしかに、hinata trunk!を使えば積載量をぐっと減らすことができますね。

そうなんです。hinata trunk!を使う前と使ってからでは、積載量が全然違うんです。今回が初めての利用だったのでまずは1箱の利用でしたが、それでもこんなに荷台がスッキリするんだなととても関心しました。

実は、今回もアクアラインを使って館山までキャンプをしに来たのですが、前回とは違って、アクアラインの上も安心してツーリングを楽しむことができました!hinata trunk!のおかげですね。

植木さんが預けているアイテムをチェック!

ーもしよろしければ、ボックスの中身を教えていただいてもいいですか?

大丈夫ですよ。大きいものから、小さいものまで、1箱にけっこうな数を預けています。特に預けて良かったものは、テントのインナーマット類ですね。軽くてかさばるインナーマットは、以前だと荷台に括り付けていたので風にめちゃくちゃ弱かったんです。

それと、ランタンやワンバーナーなどの細々したアイテム。車だと大きい収納ボックスにまとめて入れられる細々としたアイテムも、バイクだとパッキングが面倒なんですよね。

hinata trunk!を使うことで、テントのサイズもアップ!

ーhinata trunk!を使うことで、キャンプでも変わったことはありますか?

そうですねぇ、一回り大きいテントを新調できたことですかね!今まではすべてのキャンプ用品をバイクに載せないといけないので、まず「コンパクトであること」がキャンプ用品を選ぶ際の第一の判断基準でした。でも、hinata trunk!を使えば荷台にもゆとりができるので、もう少し広くて快適なテントを使うことができるなと!

通常なら積載が制限されるはずのキャンプツーリングでも、コンパクト性以外の基準でキャンプ用品を選ぶことができるのは、とてもありがたいなと思います。

ーhinata trunk!を使ってみてどんな人におすすめなサービスだと思いますか?

すべての人におすすめです。笑

ーありがとうございます!笑

特におすすめなのは、私のように、キャンプツーリングをしている方、キャンプ道具を持ち運ぶ体力に自信がない方ですね。実際に使ってみて、本当に便利でしたので。

ー今回が初めての利用でしたが、今後も使っていただけるとうれしいです。

もちろん!2箱以上預けていると、ボックスの中身の入れ替えが自由とのことなので、こんなに便利なら2箱目も預けようか、と絶賛検討中です。笑

ーありがとうございます、ぜひお待ちしております!笑

まとめ

植木さんは、インタビューの後、コーラル*館山オートキャンプ場の気さくな管理人さんとお酒を酌み交わして、キャンプを楽しんだのだとか。植木さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!今後も、利用者さまのリアルな声をお届けします♪


おすすめ

コラム 利用前に知っておきたいテントクリーニングの基礎知識
コラム お茶×グランピング!?「茶ンピング」イベント『二子玉川水辺茶会』がついに開催
コラム 華麗にキャンプデビュー! hinata trunk!で安心・快適に初めてのキャンプを楽しもう♪
コラム バイクもキャンプ用品もなくてOK!手ぶらでキャンプツーリングを楽しもう♪

新着

コラム 初めてのキャンプこそ、オシャレにかつ個性的に!デザイン性に優れるホールアースのキャンプ用品一覧
コラム 保管・配送サービス 使い方ガイド
コラム 初めてテント・タープ・寝袋のメンテナンスサービスを利用する方へ
コラム 秋を堪能!ツーリング&キャンプに気軽にいける方法とおすすめスポットをご紹介