トランクルームの料金相場はいくら?選び方を知ってコストを安く抑えよう♪

出典:photo AC

いざ、トランクルームを利用しようと考えると、たくさんあってどれを選べばいいのか分からないもの。必要以上に高い条件を付けてしまうと、どうしても割高になってしまいます。今回は、自分にあったスペックを見極めて、トランクルームの料金を抑える方法をご紹介します。

トランクルームの料金相場はいくら?

トランクルームの料金は、条件によって大きくことなります。後ほどご説明しますが、トランクルームのタイプによって下記のようにモデル料金が分かれます。

屋外トランクルームの1畳分:2,000〜7,000円程度
屋内トランクルームの1畳分:1,0000円前後
宅配型トランルームの1箱分:300〜1,000円程度 ※箱単位で預ける形になります。

ただし、注意が必要なのは、保管料=費用の全額ではないということ!多くの屋外トランクルーム、屋内トランクルームでは、アパートのように敷金・礼金がかかったり、一定期間利用しないと解約料が発生するケースがあるので要注意!!

このように、条件次第で料金相場は大きく異なるため、不必要な条件は抜いて、できる限りリーズナブルにコストを抑えたいものです。そのためには、自分の使い方に合った条件をまず検討してみましょう!

トランクルームの選び方!4つのポイント

ポイント1. トランクルームのタイプ

出典:photo AC

トランクルームは大きく3種類あります。1つ目は、 屋外コンテナで保管する屋外トランクルーム、次にビルなどの個室で保管する屋内トランクルーム、最後に 専用ボックスに荷物を詰めて宅配便で荷物の出し入れをする宅配型トランクルームです。

この3つのタイプで大きくことなるのは、セキュリティや空調などの保管環境。屋外トランクルームの多くは、セキュリティが簡易で空調もないので比較的安く済みます。一方、屋内トランクルームや宅配型トランクルームの多くは、専用のスタッフが巡回などの対応をしていたり、24時間定温・定湿に保たれており、その分料金は高くなる傾向にあります。

空調の不要な大型の荷物の保管であれば比較的安い屋外トランクルーム、環境によってカビや劣化の心配があるもの、大切に保管したいものは、屋内トランクルームや宅配型トランクルームを使うようにしましょう。

ポイント2. トランクルームの立地

出典:photo AC

地価の高い都心や駅近になればなるほど、トランクルームの値段も高くなります。

ただし、安さを最優先にして郊外のトランクルームを選んでしまうと、返って大変なことにもなりかねません。利用中の利便性も考慮して、都心にお住まいでトランクルームに預けた物を頻繁に取り出す方は、値段が高くても家から近い都心や駅近のトランクルームを選ぶべきです。

逆に、シーズンスポーツの道具など、一定期間引き出さない荷物を預けている場合は、郊外のトランクルームを借りて、費用を抑えましょう。

ポイント3. トランクルームの階

出典:photo AC

トランクルームの1階は、比較的取り出しが用意なので料金が高く、2階以上は取り出しが大変なので、料金が安く設定されています。

この点も、立地と同様、頻繁に取り出すなら、多少高くても1階、一定期間取り出さない荷物であれば2階以上のリーズナブルなトランクルームを探すのがオススメです!

ポイント4. トランクルームの広さ

当然ですが、トランクルームの広さによっても大きく料金が異なります。荷物を預ける前に、1つ1つの荷物が本当に預ける必要があるかを改めて見つめ直すようにしましょう。どうせ預けるなら、と必要以上にモノ預けてしまうと大変です。

荷物1つ1つがそこまで大きくなく、預ける荷物全体を見ても1畳も必要ない時は、宅配型トランクルームがおすすめ!1畳分をレンタルして空きスペースができるぐらいなら、1口あたりの料金がリーズナブルな宅配型トランクルームを使ってコストを抑えましょう!

利用前に!保管料以外の料金も要チェック

出典:photo AC

月額保管料ばかりに目を向けてると、前払いの料金や保証金などの初期費用が高くなってしまうことがあるので注意が必要です。特に、大手ではないトランクルームを検討している時は、月額保管料が他と比較して安い場合でも、初期費用が高い場合があるので、利用する前によく確認しておきましょう!

また、初期費用は長期間利用しないと割高になってしまうので、利用する期間が1ヶ月〜数ヶ月と短い場合は、多少月額保管料が高くなっても初期費用がかからないトランクルームも検討する必要があります。

各タイプ、どんな人におすすめかご紹介!

荷物量が多く、あまり引き出さない→屋内トランクルーム

荷物量が多いのであれば、大きな収納スペースが確保できる屋内トランクルームか屋外トランクルームがおすすめ!中でも荷物の引き出し頻度が少ない場合は、長期保管でも荷物の劣化するリスクが少ない屋内トランクルームを利用するようにしましょう!多少値は張りますが、大切な荷物をしっかり保管するためには、必要経費です。

荷物量が多く、頻繁に取り出す→屋外トランクルーム

荷物量が多く、かつ取り出す回数も多いときは、屋外トランクルームがおすすめ!屋外トランクルームは、車が横付けできるタイプが多く、出し入れが比較的楽ちんです。また、デメリットである保管環境も、頻繁に取り出すのであれば比較的問題ありません。

荷物が少なく、あまり引き出さない→宅配型トランクルーム

荷物が少ないなら、宅配型トランクルームがおすすめ!引き出すこともないような荷物なら、一時取り出しができるタイプでなくても問題ありません。屋内トランクルーム、屋外トランクルームと比べると、圧倒的にリーズナブルに利用することができ、敷金・礼金や解約料などは発生しないサービスがほとんどなので安心です♪

荷物量が少なく、荷物を頻繁に取り出す→hinata trunk!

荷物量がそこまで多くなく、引き出すことが多いなら、宅配型トランクルームの中でも一時取り出しができるhinata trunk!がおすすめ!hinata trunk!はアウトドアに特化した宅配型トランクルーム。預けている荷物を、倉庫から現地に直接配送することができるのが最大の特徴!

通常のトランクルームであれば、毎回の出し入れに、トランクルームの前まで車を付けて何往復もして車への荷積みをしなければいけませんが、hinata trunk!なら現地に直送できて持ち運びをする必要がないので、毎回の出し入れの煩わしさがありません。

料金は、月額保管料が980円(税別)/箱、取り出し時に送料が往復1,500円(税別)。他のトランクルームと比較すると、1口の月額保管料が980円なので、1畳もスペースが必要ない人は、複数箱を預けたとしてもコストを抑えることができます。

まとめ

まずは、自分に必要な条件を洗い出すことが重要です!自分の条件にピッタリ合うトランクルームを見つけて、リーズナブルにトランクルームを活用しましょう♪


おすすめ

コラム 利用前に知っておきたいテントクリーニングの基礎知識
コラム お茶×グランピング!?「茶ンピング」イベント『二子玉川水辺茶会』がついに開催
コラム 華麗にキャンプデビュー! hinata trunk!で安心・快適に初めてのキャンプを楽しもう♪
コラム バイクもキャンプ用品もなくてOK!手ぶらでキャンプツーリングを楽しもう♪

新着

コラム 初めてのキャンプこそ、オシャレにかつ個性的に!デザイン性に優れるホールアースのキャンプ用品一覧
コラム 保管・配送サービス 使い方ガイド
コラム 初めてクリーニングサービスを利用する方へ
コラム 秋を堪能!ツーリング&キャンプに気軽にいける方法とおすすめスポットをご紹介